fc2ブログ
2ℓのペットボトルで活性液をつくる
2014 / 06 / 28 ( Sat )
EMの培養方法

2リットルのペットボトルでつくる

材料と量

 水道水
 EM-1 25㏄~30cc
 糖蜜  30cc
 EMセラミックスパウダー コーヒースプーンの柄1杯
 塩(海水塩・岩塩) コーヒースプーン1杯

オプション
  木酢液、ミカンレモンの皮、ハーブ、にんにく、タカノツメなど

発酵温度
  40℃以下

調合の仕方
  1 まず水を半分程度入れる
  2 材料を入れる
  3 水で満タンにする
  4栓をきっちり占める

培養場所
  1 春、秋は日が当たる場所
  2 夏場は日陰
  3 冬場は風呂湯、暖かい居間
  注意 40℃以上にしないこと
  
  


  EM-1の一員・乳酸菌をたくさん増やすために初めは常温
 (40℃以下・35℃前後)の環境に置きます。
  夏場の強い日差しのもと、冬場のガンガン焚いたストーブ
 の近くに置くと乳酸菌以外のEM菌が先に増えてしまうので
 注意しましょう。
  乳酸菌を先行して増やすのは、この乳酸菌が他のEM菌の
 エサにもなるからです。

  夏場は日陰で2、3日以上かけます。
  冬場は暖かい日差しのもとでは1週間ほどかかるときがあ
 ります。じわーっと低温熟成醗酵に努めましょう。
  ペットボトルがふくらんでガスが出ると使用できます。
  植物用には、さらに光(太陽光や室内灯)にあてて光合成
 細菌が増殖させます。活は性液赤みをおびてきます。この
 光合成細菌が植物にとっても良い影響を与えます。
10 : 56 : 57 | EM活性液の作り方 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ハーブを入れてみませんか? | ホーム | てんとう虫のすみか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://junkanniwa.blog90.fc2.com/tb.php/201-1bb6f1fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |